脱デフレ経営の構築には会社の仕組みを見直すことが必要だ。修正すべきポイントは、「製造」から「研究」まで多岐にわたる。過去20年の常識の逆とも言える、大胆な発想転換が欠かせない。


 マレーシア・ジョホール州のスナイ工業地区は、シンガポールからクルマで1時間30分ほどの場所にある。その一角にあるのが、サイクロン掃除機を手掛ける英ダイソンの最終組み立て工場だ... (続きはこちら



 ネスレは、スイスに本社を置く世界最大の飲料・食品メーカーだ。その最大の特徴は収益力の高さで、ネスレ全体の営業利益率は15%以上に及ぶ。その大きな牽引役となっているのがネスプレッソ事業だ... (続きはこちら



 本体価格7万9000円(税抜き)とケタ外れに高額な家庭用ミキサーが存在する。米バイタミックスが販売している「TNC5200」だ... (続きはこちら



 米シリコンバレーに、ゼネラル・エレクトリック(GE)が2011年秋に新設した「グローバルソフトウエアセンター」がある。開所2年余りで、700人のソフトウエアエンジニアを採用した... (続きはこちら



 フィリップスが2013年4月に日本で発売した油を使わない調理家電「ノンフライヤー」が好調だ。販売価格1台約3万円にもかかわらず... (続きはこちら



 過去20年、食品スーパーでは、天候不順などで時折高騰する野菜などを除き、販売価格の低下が続いた。その中で唯一、デフレの波に洗われなかった一角がある。アイスクリーム売り場のハーゲンダッツコーナーだ... (続きはこちら



 17.3%と4.6%──。この2つの数字が、何を比べたものか分かるだろうか。正解は、大手価格比較サイト「価格.com」での、人気のロボット掃除機2機種の値下がり率だ... (続きはこちら



日経ビジネス2014年4月7日号 27~41ページより

この記事はシリーズ「特集 脱デフレで勝つ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。