居酒屋チェーンのワタミが国内店舗の約1割を閉鎖する。社員の労働環境の改善を図り、深刻な人手不足を解消する狙いだ。今回の取り組みによって、“ブラック企業”の汚名は返上できるのか。