“カリスマ経営者”の原田泳幸氏を6月21日付で会長兼社長に迎える――。3月末に発表され、注目を集めたベネッセホールディングスの新トップ人事。外部人材の再起用は窮状打開につながるか。カリスマの手腕が問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1284文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題