日本美術史を代表する名宝として名高い俵屋宗達筆国宝『風神雷神図びょう風』。天空の広がりを表すかのような一面の金地の上に、向かって右に風神、左に雷神が配され、下界に睨みを利かせている。