4月6日、東日本大震災から3年と26日で、三陸鉄道は全線復旧を果たした。鉄路も駅舎も耐津波設計の強固なコンクリート橋でさえ、一瞬にして崩壊した壮絶な現場で、望月正彦社長は社員に「3年で復旧させる」と、檄を飛ばしたそうだ。