私事で恐縮ですが、編集長の仕事を務めるのは、今号が最後となります。東日本大震災の直後に前任からバトンを譲り受け、3年間、約150号の編集を担いました。一つひとつの号に、デスクや記者と議論を重ねた思い出がぎっしりと詰まっています。私を含め、未熟な日経ビジネス編集部をこれまで支えていただき、本当にありがとうございました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り688文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。