高級寿司の主役、近海物の天然クロマグロが危機に瀕している。「品薄の状態が続いていたが、特にこの1カ月半ほどは深刻。極めて入手困難な状況に陥っている。東京・築地でマグロの仲買を30年やっているが、こんなケースは初めて」。そう語るのは、フジタ水産の藤田浩毅社長だ。