アジアファーストに突き進むのは大企業だけではない。中小企業を日本にとどめていた経営資源の制約は取り払われつつある。外部の力を味方に付ければ、アジア進出の壁は越えられる。