日本で常識だと思っていたのに、アジアでは通用しないことは多い。むしろ、常識の逆を「新常識」とすることで、市場は広がる。