アジアを母国市場と捉えた新たな事業モデルを作る「アジアファースト」。成功している企業には、見せかけの「現地化」とは次元の異なる仕組みがあった。