「給食に使われていた」「子供が食べて嘔吐した」。マルハニチロホールディングス子会社のアクリフーズで起きた冷凍食品への農薬混入事件。回収対象は、メーカーブランドとPB(プライベートブランド)を含めて630万袋に達し、波紋が広がった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1112文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 食卓ルネサンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。