かつてイノベーションは、生産性を上昇させ、GDPの上昇にも寄与してきた。だが、近年のものは収益性や生活水準の向上など目に見える形での貢献がない。有能な人材をもっと世の役に立つ研究開発に集中させるべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2960文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年3月24日号 138~139ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年3月24日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。