その日、無関心が街を覆った。国の行く末を決める全人代、その終幕で、李克強は確かにこう認めた。 社債のデフォルトは仕方がない、と。