新型万能細胞(STAP細胞)の発見者としてもてはやされていた小保方晴子さんが、一転、疑惑の人としてつるし上げられつつある。