理化学研究所が、STAP細胞研究の疑惑に関する中間報告をまとめた。画像の扱いなどに重大な過誤があったとして、論文を撤回する方向だ。背景には論文発表や対外広報に依存し、成果を焦る科学界の課題も浮かぶ。