理化学研究所が、STAP細胞研究の疑惑に関する中間報告をまとめた。画像の扱いなどに重大な過誤があったとして、論文を撤回する方向だ。背景には論文発表や対外広報に依存し、成果を焦る科学界の課題も浮かぶ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2675文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年3月24日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。