近代以降、資本主義の発展により社会の分業制が強まった。人は労働で賃金を得て、自分では賄えない様々な価値を金銭で買う傾向が強まった。人々は掃除、洗濯、保育、教育など様々な家庭内労働を外注、または省力化し、その受け皿としての産業が発達してきた。それはもちろん、調理も例外ではない。