近代以降、資本主義の発展により社会の分業制が強まった。人は労働で賃金を得て、自分では賄えない様々な価値を金銭で買う傾向が強まった。人々は掃除、洗濯、保育、教育など様々な家庭内労働を外注、または省力化し、その受け皿としての産業が発達してきた。それはもちろん、調理も例外ではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2311文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 食卓ルネサンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。