これまで日本の食文化や生活様式は家庭で伝承されてきたとされる。だが個食化などが進み、家庭はその役割を果たせなくなりつつある。新たな担い手が、企業など「家の外」の事業者だ。