生き抜くために、常に変化と挑戦とを組織に強いてきた。だが今、グローバル競争を本格化させる直前に向き合うのは自身の変化なのかもしれない。多様な働き方や生き方を肯定する先に、新しい経営を拓こうとしている。