生き抜くために、常に変化と挑戦とを組織に強いてきた。だが今、グローバル競争を本格化させる直前に向き合うのは自身の変化なのかもしれない。多様な働き方や生き方を肯定する先に、新しい経営を拓こうとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4969文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題