独自のコスト管理指標などでコスト削減に成功、最高益を支える。製造プロセスを根本から見直し、製品のコスト競争力を高めてきた。コスト増加を現場で抑制、海外にも日覺流の管理手法を注入する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5600文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年3月24日号 53~56ページより目次