独自のコスト管理指標などでコスト削減に成功、最高益を支える。製造プロセスを根本から見直し、製品のコスト競争力を高めてきた。コスト増加を現場で抑制、海外にも日覺流の管理手法を注入する。