稲盛和夫・京セラ名誉会長が日本航空(JAL)へ再建に乗り込んだ際、私も補佐役としてJALの副社長に就きました。稲盛さんは「再建を私に任せるというなら、これまでやってきた経営理念を通じた社員の意識改革と、アメーバ経営に基づく部門別採算管理を徹底する」という強い意思を持っていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1238文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。