銀行に対する融資規制が影の銀行の拡大を招き、今や中国経済をリスクにさらしている。中でも中小企業や不動産業による影の銀行への依存度拡大はデフォルトリスクを高めている。当局は、早急に金利の自由化や民間による金融機関設立を認め、金融セクターの健全化を図るべきだ。