全人代でインフレ容認とも取れる物価上昇目標が示された。背景には人民元安を一段と進める政府の考えがあるようだ。景気てこ入れが狙いだが、構造改革の足を引っ張りかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1296文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題