全人代でインフレ容認とも取れる物価上昇目標が示された。背景には人民元安を一段と進める政府の考えがあるようだ。景気てこ入れが狙いだが、構造改革の足を引っ張りかねない。