消費税率の引き上げを2012年に決める時、当時の野田佳彦首相に対して「ぶれてはならない」とずっと言い続けました。これは、その場の空気に左右されることなく、後の人々に評価される仕事をしようという意味です。