山口・長門湯本温泉にある創業約150年の老舗温泉旅館が1月に破産した。団体客が減り、個人旅行客の取り込みを図ったが苦戦。客単価がピーク時の3分の1にまで下落し、経営が行き詰まった。