「50人の従業員を、ほかの会社で働かせてもらえないか」2月下旬、群馬県大泉町役場は、アクリフーズからそんな要請を受けた。毒物混入事件の舞台となった工場は操業停止に追い込まれ、再開まで半年から1年ほどかかる見込みだ。そこでアクリフーズは、その間だけ社員を近隣の企業で働かせてほしいと願い出た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1498文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題