小泉純一郎元首相の応援を受けて、東京都知事選挙に立候補するも落選。「脱原発」の訴えが争点にならなかったのは、「原子力村」の暗躍があったからと信じる。このままでは「核のゴミ」を子孫に押し付けることになると危惧する。