小泉純一郎元首相の応援を受けて、東京都知事選挙に立候補するも落選。「脱原発」の訴えが争点にならなかったのは、「原子力村」の暗躍があったからと信じる。このままでは「核のゴミ」を子孫に押し付けることになると危惧する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2844文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。