非営利のNPO法人は次第に採算へのこだわりを強めるようになり、利益目的で誕生した企業は社会貢献を意識するようになる。発足当初の動機は異なっていても、両者は欠けている部分を埋めようとして、カタチが似ていくようなところがあります。それは当然かもしれません。どんな組織も、事業の維持運営のためには、採算性と、顧客や社会からの高い評価が必要になるわけですから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り684文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。