かつてフェンシング日本代表にもなった男は、敗北を一切、恐れない。ここ一番という時にはリスク覚悟で、相手の懐に飛び込む。常に前へ、前へと突き進む。「ここだ! と判断した時の、その一手はすごい」。大学時代の恩師、山口隆弘はこう分析する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1866文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東北モデル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。