1995年の阪神・淡路大震災から19年余り。皆が地震のことを忘れかけている時に、3・11は起こった。東日本大震災を機に「地震のある国に生まれた覚悟」を改めて思う。それは、起伏の激しい日本の地形が生み出す豊かな自然の恩恵とともに、受け入れなければならない「民族の定め」でもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1469文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東北モデル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。