1995年の阪神・淡路大震災から19年余り。皆が地震のことを忘れかけている時に、3・11は起こった。東日本大震災を機に「地震のある国に生まれた覚悟」を改めて思う。それは、起伏の激しい日本の地形が生み出す豊かな自然の恩恵とともに、受け入れなければならない「民族の定め」でもある。