顔面にドッジボールを受けて以来、少女は大のスポーツ嫌いになった。「あんなにつらくて、汗かいて。どこが面白い?」。スポーツの力を信じていなかった少女はそれから40年が経ち、福島の復興を支えるリーダーになっていた。