宮城県の盆地に日が落ちかけると、小学6年生の柿崎真佑は、いつものように自動販売機に向かった。闇夜が訪れる前に、父と自分の飲み物を手に入れ、雪道を県営団地へと戻っていく。いつから、ここで買うようになったのだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2466文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東北モデル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。