「袖が短い。編み直してください」。高級手編みニットを製造する新会社「気仙沼ニッティング」社長の御手洗瑞子(28歳)は、メジャーを手に完成直前の商品を鋭い目で見つめる。