ウクライナ危機が、「新たな冷戦」に発展する懸念が高まっている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ソチ五輪の最中は沈黙していた。しかし、「平和の祭典」が閉幕した途端、親欧米政権の誕生で失ったウクライナへの影響力を奪回すべく、実力行使に出た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2042文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年3月10日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。