TPPの閣僚会合が大筋合意に至らず閉幕し、停滞感が強まってきた。交渉全体の帰趨を握る日本と米国の対立が続く限り、長期化は必至だ。ほかの「メガFTA」交渉や国内構造改革へ悪影響が及べば成長戦略に暗雲も。