異業種との協業も積極的に展開し、アパレル不況の中で業績を伸ばす。しかしセレクトショップの雄は、現状に満足して立ち止まってはいない。その目線は「モノからコトへ」のさらに先を見据え、手を打ち始めている。