昨今、ミステリーの中でもとりわけ警察小説の人気は高い。単なる謎解きに終始するのではなく、警察組織内部の対立や刑事同士の確執、葛藤をリアルに描いていることが、似たような境遇にあるビジネスパーソンらの共感を呼んでいるのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り852文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年3月10日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。