江戸初期に生まれた文楽は、『平家物語』など歴史物を題材にした演目が主流でした。そこに、実際の心中事件が起こってから1カ月後にはもう舞台に載せるという、今で言うワイドショー的手法の『曾根崎心中』が登場したんです。