ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルは、1960年代から80年代にかけて、米国のイコンを次々に描き続けた。マリリン・モンロー、マイケル・ジャクソン、モハメド・アリといったスターのほか、ジョン・F・ケネディ夫人“ジャッキー”といった政治的なシンボルも含まれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2129文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年3月10日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。