科学研究の場にいて最近思うのは、研究成果とその実用化の可能性が期待され表に出ていく一方、科学者という人間が見えなくなっていることです。私が学生の頃は、先生の人間性に引かれ、そこに教えられながら自分の道を探っていました。大学3年の時、化学の授業で先生がDNAについて話してくださいました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1194文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。