大腸検査と言えば、「内視鏡を腸内に入れるのがつらい」というイメージを持つ人は多いだろう。しかし、ここ数年、国内で導入が進んでいるのが「大腸3D-CT検査」だ。新型のCT(コンピューター断層撮影装置)で大腸を撮影し、コンピューター処理を加えて立体的な3次元画像を作成し、ポリープやガンなどの病変を発見する検査方法だ。