大腸検査と言えば、「内視鏡を腸内に入れるのがつらい」というイメージを持つ人は多いだろう。しかし、ここ数年、国内で導入が進んでいるのが「大腸3D-CT検査」だ。新型のCT(コンピューター断層撮影装置)で大腸を撮影し、コンピューター処理を加えて立体的な3次元画像を作成し、ポリープやガンなどの病変を発見する検査方法だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1085文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年3月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。