ゆらりと上がる白い煙とともに溶けた合金は、ひととき雫のようにこぼれ落ちて、溜まる。鈍く光る銀色の小さな山の一つひとつが、基板の裏側で半導体の脚をつなぎ留める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り645文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題