ゆらりと上がる白い煙とともに溶けた合金は、ひととき雫のようにこぼれ落ちて、溜まる。鈍く光る銀色の小さな山の一つひとつが、基板の裏側で半導体の脚をつなぎ留める。