2期連続の巨額赤字から1年。株価は最悪期から2倍以上に回復した。リストラを前倒しし、危機感をあおるその手法には隠された目的がある。パナソニックの隅々に横たわる「岩盤」の排除がそれだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6039文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 浮上!パナソニック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。