日本の自動車部品メーカーを震え上がらせてきた米司法省のカルテル捜査。部品への捜査が本格化して約4年。企業経営へのリスクは拡大を続けている。経営者の収監や提携解消など、その打撃は巨額罰金にとどまらない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2364文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題