“失われた20年”と呼ばれるここ20年ほどの間に急速に発展した分野として、サッカーと生物学の研究が挙げられる。わずか二十数年前、サッカーでアジアの弱小国だった日本は、世界でも稀に見る急成長を遂げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1590文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。