“失われた20年”と呼ばれるここ20年ほどの間に急速に発展した分野として、サッカーと生物学の研究が挙げられる。わずか二十数年前、サッカーでアジアの弱小国だった日本は、世界でも稀に見る急成長を遂げた。