2008年、台湾の企業からある事業を買収しました。携帯電話のカメラ向けの、画像信号処理技術を新たに獲得することがその狙いでした。もちろん、買収前からスムーズにいくとは思っていませんでしたが、買収後の苦労は想像以上でした。