アベノミクスの成長戦略では、2020年までに日本の開業率を10%台に高めることを目指している。これは現在の2倍以上で米国や英国並みだ。日本では長らくベンチャー振興が叫ばれているものの、なかなか機運が高まらなかった。そのため、この倍増計画には懐疑的な声も多いだろう。だが、私は今のベンチャー支援制度が持続するならば、実現可能だと考えている。