2008年、社長の座を息子2人に明け渡した。当時、自分は67歳。倒れるまで社長を続けようと思っており、継がせるのは30年先だと考えていた。それでも、2人に話を聞くと、長期的にブランドを育てていくことを真剣に考え、自分たちに社長をやらせてほしいという強い思いが伝わってきたので、決断した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り725文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 その新社長は世界で戦えるか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。