日本電産の有価証券報告書。「事業等のリスク」の中に、「当社社長である永守重信(氏)への依存」という、他社ではあまり見られない項目がある。同社の経営が創業者の永守社長の能力と手腕に依存し、もし突然の離脱があれば業績が悪化する可能性がある。それを大きな経営上のリスクとして挙げ、開示しているのだ。ほかにも、ファーストリテイリングやソフトバンクなどの有価証券報告書に、似たような記載がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2427文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 その新社長は世界で戦えるか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。