大企業はベアではなく、一時金の積み増しで対応したがっている。2013年度は円安でたまたま利益が出ているが、将来にわたる収益見通しについては不安があるからだろう。確かに、賃金そのものを上げては後々も負担になる。手当を増やすのも同じ理由だろうが、言い訳をしているみたいだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2282文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 賃上げ余力 格付け500社」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。