連合が「1%以上」のベアを要求し、春闘が幕を開けた。経団連も決して後ろ向き一辺倒ではない。脱デフレに向けた決意を固めつつある。